記帳代行、経理代行のオフィスオオノ 大野光子

法人企業向け [新「会社法」会社設立代行手続きまでの流れ]
H18年5月より、新「会社法」が施行されました。起業を簡単にすることが大きな特徴です。
有限会社の廃止!資本金は1円でよい!取締役は1人でよい!
会社設立代行は、低価格の司法書士をご紹介致します。

新「会社法」株式会社設立手続き


発起人を決定する
「会社をつくろう」と言った人と、「そうしよう」と賛成した人達。
 
会社の基本事項を決定する
商号(会社の名前)・目的(事業目的)・本店所在地・ 出資額・役員。
 
会社代表者印をつくる

*印鑑作成代約5千円

定款を作成し認証を受ける
取締役を書いておけば、登記書類を減らせます。

*印紙代4万円・定款認証代5万円・謄本料約5千円

引受株式数を決める
発起人がそれぞれ何株引受けるか、この段階で決めておきます。 定款で書いておくことも出来ます。
 
金融機関に出資金を払い込む
預金通帳のコピー(資本金相当額の新たな入金記録) などが必要となります。

*資本金最低1円

引正確な本店所在地などを決める
取締役で決めます。
 
設立登記
「設立登記申請書」を作成し、登記申請します。

*登録免許税15万円

会社設立
 
諸官庁に届出
税務署やその他役所に、会社を設立した旨の届出書を提出します。


実費合計約25万円+報酬4万-15万

パートナー司法書士にご依頼の場合は、低価格でご提供しておりますので前払いとなります。
   
※設立当初の資金繰りを考慮して、資本金額を決定しましょう!

このページのトップへ戻る